ACME #2 ペン

鉛筆かと思ったらペンだったでござる。

ユーモアにあふれ、鉛筆のような外観を持つこのアイテムには、文房具の新たな方向性が示されています。最新のテクノロジーを集めて作られたこのポールペンは、フォルムと素材に新たな可能性を与えました。お尻の消しゴム部分をくるりと回すとペン先は収納可能。普通のペンより少し重く感じますが、その心地よい重さが書き味をなめらかにします。

「 ステーショナリー 」  カテゴリのエントリー

コメント(0)

この投稿にコメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。